片付けても片付けても、一月経つとまたすぐに散らかってしまう…そんな経験はありませんか?ちょっとした工夫を凝らすことで、あなたの片付けが上手くいくようになりますよ。

整理収納マイスターが教える片付けの基本とは?今回、自身のブログで情報発信をしている整理収納マイスターMOGIさんにお願いし、ブログのまとめ記事を作成させていただきました。

参考:整理収納マイスターMOGIさんのブログ

整理収納マイスターMOGIさん
整理収納マイスターMOGI さん
整理収納アドバイザー

整理収納アドバイザー1級、収納マイスターの専門資格を保有。町田市を拠点に、東京で部屋の片付けのサポートや家事代行サービスを行う。病院での勤務経験や店舗運営の実績を生かし、自宅をはじめオフィスやクリニック、病院などへ清掃・整理収納のアドバイスも行っている。

片付けのコツ①〜分類する〜

皆さんは普段、片付けをどのように始めていますか?とりあえず散らかったモノを一箇所にまとめてみる/収納グッズを用意する/モノの入れ方を変えてみる…??

整理収納で最初にやるべきなのは、捨てるものと、そうでないものを分けることです。

大切に使っていたモノを処分してしまうのは心苦しいですが、その先にある時間的・精神的・経済的なメリットを考えれば捨てられます。勇気を出して、一歩踏み出してみましょう!

まず、最初に整理したい物を家中から集め、一箇所に並べてみます。

整理収納のコツ1

一つ一つモノと向き合って、

  1. よく使うもの
  2. たまに使うもの
  3. いらないもの(思い切って!)
  4. 捨てるのをためらっているもの

に分けてみてください。

これが出来たらまずは大成功です!ご家族や収納場所、金銭的なことを考えながら整理すると上手くいきますよ。

片付けのコツ②〜捨てる〜

モノが多すぎると整理をするのも大変ですので、思い切って捨ててしまう勇気も大事です。いらないものは迷うこと無く処分しましょう。

問題は捨てるかどうか迷っているものですね!どうして捨てられないのか、理由を考えてみましょう。処分するかどうかの判断には、以下の条件も参考にしてみてください。

片付けのコツ2 捨てる

  • 高価なものだが、1年以上一度も使用していない
  • 使い切っておらず、今は別のタイプのものを使用していて、将来絶対使わない
  • しがらみ・迷信があるものだが、処分することに罪悪感はない

どれか一つでも当てはまるモノは、結局使われることなくお蔵入りしてしまう可能性が高いため、私は思い切って捨ててしまっても良いと思います。

残しておきたいものは思い出ボックスを作って保管しておくといいでしょう。思い出ボックスにはシールを貼って日付けを記載し、時々見直して日付を更新しましょう。

片付けのコツ③〜収納する〜

よく使うものとたまに使うものは普段の生活パターンを想像して、モノの動線を考えながら収納していきましょう。

ポイントはよく使うものは手前側の取りやすい位置に、たまに使うものは奥側に収納するということです。

衣類を例に挙げましょう。衣類を収納する時にはまず、季節外の衣類と、日常的によく着るものに分けます。

  1. 季節外の衣類は、収納グッズに収めるか、クローゼットに掛ける場合は横・奥にバーが有れば奥に掛けて収納します。
  2. 日常的によく着るものは、ハンガー・チェストなどの手前側のに掛け、手に取りやすい位置に収納します。

片付けのコツ3

式服・入学式に着るスーツ・パーティー用ドレスなど、たまに着る衣類を折りたたんで仕舞う場合は、折り目に新聞紙を丸くして棒のようにしたものを挟んで、シワをふせぎます。色移りが心配なものはハンカチや余り布の白色物を挟むと良いですね。

おわりに

いかがでしたか?お部屋のモノがしっかり整理されていると、心がスッキリして穏やかな気分になります。是非参考にしてみてくださいね!

エニタイムズでは整理収納マイスターの私が直接ご自宅にお伺いする片付け代行サービスを承っております。

その場で整理収納のアドバイスもいたします。整理収納でお困りの際は是非、お気軽にご相談ください。

女性スタッフによる片付け代行サービスはこちら

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Title
Caption
File name
Size
Alignment
Link to
  Open new windows
  Rel nofollow