日本は緊急事態宣言が解除され、以前の日常に戻りつつあり、ANYTIMESのサポーターのみなさまもオンラインだけではなく、オフラインで行うサービスの提供も再開しています。しかし、緊急事態が解除されたものの、現在の非常事態において、サービスを提供する際、気を付ければならない点は多くあります。安全にサービス提供するためのコツをご紹介させていただきます。

 

ANYTIMES推奨ガイドライン

以下はANYTIMESが推奨する、コロナウイルスの感染を予防するための、ガイドラインです。

1.厚生労働省のガイドラインをご確認ください

厚生労働省からの感染症対策のガイドラインは以下となりますので、詳しくは、以下をご確認のほど、宜しくお願いいたします。

・一般的な感染症対策について(厚生労働省HPより)
https://www.mhlw.go.jp/content/10900000/000593493.pdf

・新型コロナウイルス感染症について(厚生労働省HPより)
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000164708_00001.html

 

2.マスクの着用

サービスを実行する際は、サポーターと依頼者の双方が、マスクを着用するように心がけましょう。

Picture from Anna Shvets from Pexels

3.手の消毒

サポーターは仕事の実施前後、消毒剤/アルコールで手の消毒をしてください。

Photo by Anna Shvets from Pexels

4.非接触体温計を使いましょう

サポーターの皆様は、体温計を使い、事前にご自身の体調を確認し、依頼者様にもサービス提供前に、体温を計って頂くことを推奨します。

Picture from Ketut Subiyanto from Pexels

 

5.サービス提供中、窓を開けましょう

サービス提供の際には、空気の換気のため、窓を開けましょう。

Picture from Water bottell from Pexels

Anytimesでサポーターを探す