お引越しは、手間もかかる上に、季節によっては非常に高い価格となります。「引っ越し手順はどうすればいい?」、「引っ越しの荷造りは?」「引っ越し費用はいくらぐらい?」、「単身引っ越しの場合は?」、「とにかく安く引っ越しをしたい!」などといった様々な問題で頭を抱えている人は多いでしょう。しかししっかりした引越し手順と事前準備によって、大きなストレスをなくすることができます。そして、季節を気にせず、お手頃価格で引っ越すことが出来る方法があると言ったら、いかがでしょうか?
記事の最後にある引っ越し費用の見積もりの例もぜひご参考にください。

1.しっかりと片付ける

お引っ越しをする前に、できるだけ、あまり使わないと思うものを捨てたり、友達にあげたり、メルカリなどのオンラインで売ったりするようにしましょう。そして、そういった片付けは、一度だけで終わらせようとすると、フラストレーションがたまり、挫折しやすいので、前もって取り組むようにするのが最善の方法です。
1年以上着たことのない洋服は、思い切って捨てたり、売ったりしても良いです。

ただ、単身の引っ越しや新居で生活を始める際は、ストレスを感じやすくなることも多く、自分の昔からの持ち物に安心を感じることもあるので、無理やりに捨てしなくても大丈夫です。そういう持ち物は、引っ越しの1か月後などの期限をつけるのも良い方法です。


物の捨て方がわからない、捨てたくても捨てられない場合は、荷造りがちゃんとできたとしても、新しい住まいでも、更に持ち物が増えたり、ごたごたする可能性が高いです。近藤麻理恵さんの「片付けの魔法」という一冊を読んでみたり、時間があまりない時は整理整頓のプロのサポーターにお願いすることも良いかもしれません。

断捨離サポートや整理収納サービスなどはこちら:
https://www.any-times.com/browse/services/any/Housekeeping

2.間取り図

新居でも使いたい家具や小物は、どんなふうにアレンジをしたいか、事前に間取り図を描くことがお勧めです。お困りの場合はインテリアコーディネーターに相談しましょう。そういった事前準備は、少し手間がかかるかもしれませんが、不要な荷物を減らすことや、入居前に必要な物も揃えることができ、最初からスムーズな新生活を始めることができます。

3. 不用品回収で節約する

不用品や粗大ごみ回収は数週間前に申し込んだ方が良いとされています。販売する場合も、メルカリやラクマ 、ジモティなどですぐには売れない物もあります。売れたとしても、大きいものなら、買い手に取りに来てもらう場合なども、色々ありますね。小さい家具などなら、まだ良いのですが、冷蔵庫や洗濯機のような、一人で運べないものは、かなり苦労をします。

仕事や勉強などが忙しい場合は、手間がかかる準備に困ることが多いので、時間がギリギリで、低価格をお望みの方は、東京に限らず、全国で不用品回収を行うサポーターの方々もこちらで見つけることができます。場合によっては、0円で回収してもらうというケースも?
https://www.any-times.com/browse/services/any/Garbage%20Collection

4.荷物運搬はレンタルカーと個人サポーターで

引っ越しを一人で背負えない時に、引っ越しの業者や引っ越し会社にお願いすることが一般的かもしれませんが、1で荷物を減らしたとしても、かなりの金額がかかります。(料金は引越し業者、季節、荷物の量や距離によって変わりますが、1LDKの場合の平均料金はおよそ5万円〜です)そんな時、引越し会社の代わりに、自分でレンタカー借りてみるのはいかがでしょうか?例えばTimes Car Rentalでは、一日でおよそ6000円でバンタイプやトラックタイプの車をレンタルできるようです。https://rental.timescar.jp/

さらに、人手不足という場合は、お手頃価格で柔軟な対応をしてくれるサポーターに、引っ越しの荷造りや荷積みなどを依頼すると良いでしょう。3000円から、お引越しのお手伝いに関するサービスはこちらです。
https://www.any-times.com/browse/services/any/Moving?page=4

Photo by Kaboompics .com from Pexels

5.家具解体と荷造り

家具に傷がつかないように家具を解体し、梱包もしなければなりません。家具組立認定サポーターの方々は、家具の組立だけではなく、家具解体や包装の依頼を受けることも多いです。梱包サービスは、女性のサポーターさんも多いので、男性サポーターの方を自宅に招くのにご不安を感じている独身女性なども、安心できます。

新居のために新しい家具を買うときは、引っ越しと同じタイミングで家具が届くように依頼をすると、お引っ越しの手伝いのついでに、サポーターさんに家具組立をして頂くのも便利かもしれません。新居に配達して頂けない時は、サポーターさんに新しい家具の搬入のお手伝いも依頼ができます。

包装・梱包サービスはこちら:
https://www.any-times.com/browse/services/any/Packing

家具組立と解体サービスはこちら:
https://www.any-times.com/browse/services/any/Furniture

Asian man assembling chair at home

6.段ボールにラベルをつけること!

簡単なことですが、段ボールには何が入っているか、ラベルをつけることと、必需品を段ボールの上の方にしておくことが大切です。後は何日に、どんな部屋で何を開梱するか、事前に決めておくことによって、引っ越しのあと片付けが楽になります。

チェックリストまとめ

以下、引っ越し費用の見積もり例(東京都内の場合)として、最低限の費用をまとめてみました!とにかく費用を抑えたい場合は「金額重視」、時間や効率を重視される方は「時間効率重視」をご覧ください。
*距離、荷物や不用品の量などの条件や、各サポーターのサービスなどによって金額は変わります。

「金額重視」引越し費用見積もりの例:

カテゴリサービス例
引越しのお手伝い【都内】での引越し手伝います
¥2,000
https://www.any-times.com/dl/task/53212
レンタカー一日でおよそ¥6,000
https://rental.timescar.jp/
合計¥8,000

「時間効率重視」引越し費用見積もりの例:

カテゴリサービス例
片付け断捨離サポートいたします!
¥5,000
https://www.any-times.com/dl/task/19495
インテリアアドバイスあなたのお部屋のプランニング承ります★
¥3,000
https://www.any-times.com/dl/task/25759
不用品回収不用品回収します
¥4,500
1.ワンボックスに入る大きさ(190×110×90)
2.冷蔵庫、洗濯機に関しては使用可能で高さ110センチ以下のもの
3.大きいものはお手伝い又はこちらで人を増やすのでお知らせください
https://www.any-times.com/ticket/59192
レンタカー一日でおよそ¥6,000
https://rental.timescar.jp/
引越しのお手伝い【都内】での引越し手伝います
¥2,000
https://www.any-times.com/dl/task/53212
家具解体【DIYサポート】家具組み立て/解体代行
¥3,500
(家具1つあたり3500円~)
https://www.any-times.com/dl/task/54907
荷ほどき、整理整頓引越し後の荷解き整頓配置、何でも屋さん!
¥5,000(3時間5000円)
https://www.any-times.com/dl/task/51352
合計¥29,000

1LDKの引越し見積もりは(安い季節では)約¥50,000からとされています。しかし、レンタルカーサービスとAnytimesのサポーターの方々に依頼すれば、場合によって¥30,000以上の節約ができます。
¥50,000のご予算があれば、引っ越しに加え、数日のレンタルカー、家具解体や家具組立、掃除のお手伝い、一個以上の不用品回収、断捨離サポート、インテリアコーディネートアドバイスなども問題なくご依頼できますが、いかがでしょうか?

Anytimesでサポーターを探す