どんなにしっかり体調管理をしていても、寒く乾燥している季節や疲れている時など、風邪を引いてしまうこともありますよね。

大切な彼氏が風邪をひいた時、とっても心配ですが、そんな時こそあなたの女性としてのスキルや経験が試されているのかも!?

今回は、彼氏が風邪をひいたときにすべき5つのことをご紹介します。

【1】彼氏から風邪の連絡があったら

彼氏が風邪を引いたら

皆さんは彼氏から「ごめん…今日風邪引いちゃって…」と連絡が来て、デートがキャンセルになった時、彼氏にどんな言葉をかけていますか?

多くの人は「熱はある?」「病院行った?」「薬は?」と、体のしんどい彼氏を質問攻めにしてしまうのではないでしょうか。

実はこれ、体が弱っている彼にとっては逆効果!かえって彼の体に負担をかけてしまいます。

そんな時はまず、「心配だからお見舞いに行くね。片付けはいいからゆっくり寝ていてね。」

「スポーツドリンクだけでも持っていくね。他にほしいものあったら教えてもらえる?」などと伝えて彼の反応をうかがいましょう。

心配していることを伝えつつも、あまりしつこく質問しないようにするのがポイントです。

【2】お見舞いに行く時の持ち物

お見舞いの持ち物

お見舞いに行く時には、家から体温計・かぜ薬・マスク・あれば氷枕や熱さましのシートを持っていきましょう。

保冷剤がある場合、5~6個持って行くと便利です。

保冷剤をハンドタオルにくるんで脇にはさんだり、氷枕が切れた時にタオルでくるんで使えます。

途中でスポーツドリンク1本とストローを買って行くといいでしょう。

【3】彼氏の家についたら

彼氏の家についたら、「大丈夫?横になっていてね」と優しく声をかけ、スポーツドリンクをペットボトルのまま、ストローをさして渡します。

「うつしちゃ悪いよ」と言われたら、「マスクするから大丈夫」と、家から持ってきたマスクをしましょう。

風邪薬をまだ飲んでいないようであれば、飲ませてあげましょう。

そして体温計で熱をはかってあげて、どこがつらいか、寒気がするか、熱いかを聞きます。

寒気がするときは、これからまだまだ熱が上がります。冷えないように温めてあげましょう。

熱があるときは、冷やしてあげましょう。おでこ、首、わきの下、太ももの内側のつけねを必要に応じて冷やすと効果的です。

そしてバスタオルを一枚濡らして固く絞り、ハンガーにでもかけて、部屋の加湿をします。

看病の基本は、薬、睡眠、水分、室温、食事、です。

【4】料理を作ってあげる

おかゆで看病

彼氏の家に着いてからここまででおよそ30分。ここで「買い物に行くから食べられるもの教えてくれる?」と優しく声をかけます。

彼氏がもしなんでもいいといったら、冷蔵庫の中身とキッチンを確かめて、手料理を作ってあげるのも良いでしょう。

基本的にはお粥が無難です。消化が良く、栄養のあるものを作ってあげましょう。あっさりした野菜の雑炊なんかを作ってくれたら、きっと喜んでくれますよ!

料理が苦手な人は、コンビニにレトルトのお粥が売っています。お鍋で温め、すこしお水をたしてゆるめ、といた玉子を入れるだけでたまごがゆの完成です。

刻んだねぎをちらすとそれらしくなります。漬物があると尚いいです。

常備用にスポーツドリンクを何本かと、プリン・ヨーグルト・ゼリーなどもあると、あなたが帰った後でも彼氏は安心ですね!

【関連記事】
究極に手軽な野菜摂取量の増やし方【管理栄養士監修】
「家めしを楽しもう」と語る佐々木俊尚が、料理が苦手な人に送るアドバイスとは?

【5】簡単な片付け・洗濯をしてあげる

洗濯

余裕があればこの機会に、簡単な部屋の片付け、洗濯をしてあげると彼氏も助かります。

ただ、あまり慣れていない彼氏だと「重い」「結婚を意識させられる」と、捉えられてしまう場合もあるかもしれないので、このあたりは様子を見つつ、やりすぎず。

例えば「汗かいたでしょ?着替え出すね」と言って彼氏が「自分でやるよ、いいよ!」と言う場合であれば、彼に任せてしまうのもアリです。

まとめ

大切な彼氏が風邪でしんどいとき、何でもしてあげたくなりますが、やりすぎてしまうと彼もゆっくりできません。

買い物のついでに雑誌などを買ってきて「私ここで本読んでるから用があったら何でも言ってね」と、同じ空間にいるだけでも彼氏は嬉しいはず。

結婚の決め手として「風邪を引いた時の、彼女の優しさにやられた」といった話をよく聞きますが、そのくらい男性は女性のやさしさに弱い生き物なのです。

大事なのは彼氏ときちんとコミュニケーションを取って、彼の気持ちを尊重すること。彼が辛い時こそ、関係をさらに深めるチャンス!がっちり彼氏のハートを掴んでくださいね!