「保育園落ちた日本死ね」のツイートをご存知の通り、実際の保育士や幼稚園の先生の待遇や離職率もまた問題になっています。厚生労働省の資料では、保育士の離職率は10%を超え、最も高い不満は賃金の低さだと言われています。

典子さんもその保育士の1人。でも楽しそうに保育士を続けられています。そんな現役の保育士、典子さんに保育士を続けるコツを聞いてみました!

%e3%81%82%e3%81%95%e3%81%8b%e3%82%99%e3%81%95%e3%81%be

典子さん

保育士・幼稚園教諭

保育士・幼稚園教諭の2つの免許を取得。現在は24時間の無認可園に勤務。日々お子さまとのドラマある日常を楽しんでいる。典子さんのプロフィールはこちら

【保育士を続ける3つのコツとは?】

①違う園を経験してみる

私は保育士と幼稚園教諭の2つの免許を持っていた事もあり、今まで保育園、幼稚園と経験し、今は3つ目の無認可の保育園に勤めています。ちょうど7年目です。
やはり園にも色があります。園によって全然違いますので、それぞれの違いや良さが分かる転職は、悪いことではないですね。

現在の無認可園は、24時間対応で、韓国やインドのお子さまがいる多国籍の園なんです。何がいいか?それは「東京ならではの園」ということです。地方では24時間園や多国籍の園は稀。そんな「東京ならでは」を経験できることが楽しいです。
%e6%b5%85%e8%b3%80%e3%81%95%e3%82%93%e8%a8%98%e4%ba%8b01

②好きを考える

私の周りでも、今まで「保育士辞めたい!大っ嫌い」と言われる方もいました。同僚で「辞めたい。」と愚痴をこぼす時はあまり近づかず(笑)。
私は根っからの田舎っ子なんで、芋掘り、苗植えなどの行事など四季を感じられる空間が好きなんです。そんな楽しい事に目を向けるようにはしていました。
 
保育士のお給料は本当に少ないです。でも少ないって言っても変わらないので、それよりも自分の好きを感じながら取り組む事の方が大切かなって思います。だってやりがいはあるんですから!

③自分の素を出す

それでもストレスが溜まったり、大変な時はもちろんあります。そんな時は、できない事はできないと言ったり、人に頼ります。そして自分の素を出します。自分の素って中々出せないかもしれませんが、絶対出した方がいいです!

なぜなら、会ってくれる人や話を聞いてくれる人は、自分の事を少しでも知りたかったり、興味を持ってくれてる。だから、私は自分を飾らない。それが私なりの応え方なんです。

典子さんの特技を見てみよう!

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Title
Caption
File name
Size
Alignment
Link to
  Open new windows
  Rel nofollow